首筋の痛みの原因と病気

脊髄腫瘍

ここでは首筋が痛い原因と病気、脊髄腫瘍について詳しく説明しています。

脊髄腫瘍とは、脊髄内に良性悪性問わず腫瘍が発生した状態を言います。クモ膜や硬膜、神経鞘や椎体など脊髄の周囲の組織に腫瘍が発生したものも含みます。また、原発性腫瘍と転移性腫瘍に分けられます。

【脊髄腫瘍の罹患率と病態】

原発性脊髄腫瘍の発症者は10万人に1人程度と稀な病気で、良性の場合は摘出手術が成功すれば予後は良好ですが、悪性の場合は摘出手術自体が困難な場合もあり治療は難しいものとなります。
対して転移性脊髄腫瘍の場合はがん患者の5%程度が転移を来たすと言われていて、この場合は悪性になります。


sponsored link




脊髄腫瘍は発生する場所によって大きく3つに分けられます。硬膜を境に、硬膜外から脊髄を圧迫する硬膜外腫瘍、硬膜内で硬膜と脊髄との間に発生する硬膜内髄外腫瘍、脊髄内で発生する髄内腫瘍です。

【脊髄腫瘍の症状】

脊髄腫瘍の腫瘍の種類に関わらず多くが脊髄圧迫症状です。首・肩・手足のしびれ痛み、麻痺、筋力の低下が見られます。場合によっては、急激に発病して手足が動かなくなったり、排尿障害、呼吸障害など重篤な症状を示す例もあります。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは首筋が痛い時の原因の一つ、頸椎症性神経根症や胸郭出口症候群という病気について詳しく説明しています。

⇒ 頸椎症性神経根症

⇒ 胸郭出口症候群

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kubisuji2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。