首筋の痛みの原因と病気

頚椎症性神経根症

ここでは首筋が痛い原因と病気、頸椎症性神経根症について詳しく説明しています。

頸椎症性神経根症とは、頸椎症の中でも脊髄から出てくる神経根の圧迫による症状のみのものを指して言います。首筋から肩にかけて、また腕や手先までにしびれや痛みを伴うのが特徴です。

痛みやしびれの程度は圧迫の程度や部位などの病気の規模によって差があり、違和感を感じる程度の軽いものから耐えられないほどの痛みまで様々です。


sponsored link




【頸椎症性神経根症の治療】

頸椎症性神経症の治療は、安静や薬の使用などの保存療法が基本となります。多くの場合手術をすることはなく、通常保存療法のみで回復します。首を後方に曲げると症状が強くなる為、後方へ曲げないよう枕を高くすることも必要となります。薬はステロイドホルモン剤を内服することで、ほとんど痛みを感じなくなります。
また、このような保存療法でも軽快しない場合は、神経根ブロック注射を行います。

手術が選択されるケースとしては、筋力低下が著しい場合や、強い痛みで仕事や日常生活が障害されている場合などよほどの重症でないと選択されません。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは首筋が痛い時の原因の一つ、胸郭出口症候群や頸椎症という病気について詳しく説明しています。

⇒ 胸郭出口症候群

⇒ 頸椎症

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kubisuji2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。