首筋の痛みの原因と病気

寝違え

ここでは首筋が痛い原因と病気、寝違えについて詳しく説明しています。

寝違え、または寝違いとは、寝ている最中に無理な態勢などが原因で、持続的な衝撃が首の「頸部」や背中の「肩甲帯部」に加えられることで筋肉の炎症が起きた状態の事を指して言います。長時間寝転んで本を読んでいるときの首が固まった感覚や、長時間の正座の後に膝が固まった感覚があるのと同じ要領です。
寝違えると一定方向へ首を曲げようとしても、筋肉が炎症を起こして硬直していることで、痛みが発生したりそれ以上曲げられなくなってしまいます。


sponsored link




【寝違えの原因】

寝違える原因としては、基本的に寝ているときの態勢に無理があって首や肩、背中に負担がかかった時に起こるというものです。また枕の高さが自分のサイズに合っていないものを使用していると、同じように無理な態勢が続いてしまって、寝違えてしまうということも原因として挙げられます。

【寝違えの症状】

寝違えは、軽度であれば何も処置しなくても、即日もしくは2、3日以内には自然と回復するのですが、程度が重くなると首の動きが完全に制限されてしまい、適切な処置を施さないと何週間も痛みに悩まされることにもなり兼ねません。また頭痛や吐き気を伴うこともあり、日常生活にも支障を来たす恐れがあります。

【寝違えた時の対処法・治し方】

寝違えた時の対処としては、筋肉の炎症が原因なので、寝違えてすぐは冷やすのが正しい処置です。アイスノンやアイスパックをタオルで巻き、患部にしばらく当てておくのが良いでしょう。
マッサージをすると血行がよくなり炎症がさらに悪化してしまう恐れがあるので、周辺のマッサージは行わないように注意して下さい。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは首筋が痛い時の原因の一つ、肩こりやストレートネックについて詳しく説明しています。

⇒ 肩こり

⇒ ストレートネック

⇒ TOPページへ戻る





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kubisuji2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。