首筋の痛みの原因と病気

頚椎椎間板ヘルニア

ここでは首筋が痛い原因と病気、頸椎椎間板ヘルニアについて詳しく説明しています。

頸椎は合計7個の椎骨で構成されていますが、第一頸椎と第二頸椎は第三頸椎以下とは全く異なる形状をしています。第一頸椎は環椎(かんつい)、第二頸椎は軸椎(じくつい)と呼ばれ、椎間板が存在するのは第2頸椎以下です。また椎間板は椎骨間で衝撃を吸収してクッションのような役割をしています。


【頸椎椎間板ヘルニアとは】

ヘルニアとは「飛び出す」という意味の言葉で、椎間板の繊維輪(周辺の固い部分)に亀裂が入って、内部の髄核が飛び出すことで付近の神経を圧迫するようになった状態を椎間板ヘルニアと言います。


sponsored link




【頸椎椎間板ヘルニアの治療】

椎間板ヘルニアの治療法は様々です。私の母も腰椎の椎間板ヘルニアを持っていましたが、色々な選択肢がある中で神経ブロックの注射をしてもらいました。神経ブロックとは、直接局所麻酔やステロイド剤を注射して、様々な原因による神経組織の障害が引き起こすしびれや痛みを遮断する方法です。母の場合は幸いたった一度の注射のみで、その後も痛むことはなくほとんど完治したと思える内容でしたが、人によっては効果が続かず再発することもあるのが難点ではあります。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。次のページでは首筋が痛い時の原因の一つ、脊柱靭帯骨化症や胸郭出口症候群という病気について詳しく説明しています。

⇒ 脊柱靭帯骨化症

⇒ 胸郭出口症候群

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
kubisuji2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。